ぼちぼちと書いてみます。石と関係のない日記です。

  
カメに餌をあげる ( 画面上でクリック )

大きくて、小さかった

映画「アース」を観てきました。同じ地球上でも、こんなに多様な世界があるもんだと改めて地球の凄さ、不思議さを感じました。
NHKのプラネットアースで使ってた映像もあったけど、でかいスクリーンで見るとやっぱり迫力が違います。
サバンナでの弱肉強食の世界は、悲しいBGMが流れたり、息絶える瞬間がスローモーションになったりと、ちょっと演出が入ってたのが気になったけど、力の入った映像でかなりインパクトがあった。ひょっとしたらトラウマになる子供もいるかも。
ちょっとしたミスや、一瞬の気の緩みが命取りになるあまりに厳しい世界でした。
自然界ではこれが当たり前の事なんですね。ぼくも気が引き締まります。
反面、ユーモラスなシーンもあって、特に熱帯の鳥たちの求愛ダンスは必見の可笑しさでした。
「何?その色!」「何?その踊り!!」って理解をはるかに超えた舞を次々と繰り広げます。その真剣さがまた可笑しすぎて、、、(笑)
なんでも熱帯は餌が豊富なせいで、こんな無駄な、いや不思議な行動をとれる様な進化が出来たみたい(なんかヒトっぽい!)
将来こういった生き物たちが、環境の変化によって消えてゆくのは悲しいですね。
スポンサーサイト



柴犬さんのツボ



「柴犬さんのツボ」っていう4コマ漫画を読んだ。影山直美さんてイラストレーターが、雑誌「シーバ」で連載してたそうで、これほど柴犬の特徴をとらえた本は初めて。
この人が書く柴犬のラインが、もう絶妙で着眼点もかなり非凡。思わず「そう、そう」ってうなずくエピソードがいっぱいで、犬を飼ってない人も笑える内容でした。
特にツボにはまった川柳が「嵐の日 散歩してるの わたしだけ」って名句。まれに犬連れを見かけても、やっぱり柴犬だそうで、これってまるっきりウチと同じ。(他の柴もそうなんや、みんな大変やなあ)
よし、このさい日頃の不満を書こう。
ウチの場合も雨が降ってても「散歩に連れてけ」とうるさいし、そのくせレインコートは嫌がるし、昔はなんとか着せようとしたけど激しく抵抗するし、やっとの思いで着せても、しばらく歩くと座り込んで動かなくなるし、そのくせ完全に濡れるのは嫌がるので、シャンプーの時は常に嫁と二人がかり。けたたましいわ、逃げ回るわでシャンプーの後はいつも三者ぐったりです。
ペットボトルを見つけるといつも拾って帰るし、途中で飽きて捨てる時は、こっちが捨てたみたいに思われるので、仕方なく持って帰らないといけないし、無駄吠えが多いし、要求鳴きがしつこいし、一度顔を舐めだすと、とり憑かれたようにいつまでも舐め続けるし、年中毛が抜けるし、(これは仕方ないか)
おまけに冬が好きで、寒くなると絶好調になるし、雪が吹雪いてる晩でも平気で海へ導くし、砂浜に着くと振り返り、その上遊べと要求してくるし(かんべんしてくれ、横に雪降ってるし)、逆に夏は海に人が多くなるので行くのを嫌がるし、夜もビーチで花火をしているので、6月から11月頃まで一切海に寄り付かない親不孝者です。
「たまには夏の海にも連れてってくれ!サンよ」

ふう、すっきりした。
やっぱり日記に書くとうっぷんが晴れるな

1.jpg
寒くなると元気をもてあますので、冬は相手するのが大変です。

2.jpg
軽く遊んでやるつもりが、お互い火がつき、
いつも投げあり、噛みつきありの異種格闘技になる。
ちなみに連勝中、まだまだボスの座は譲れません。

 | HOME | 

Calendar

01 « 2008/02 » 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

フロム・ザ・ストーンの店主 田村です。

Author:フロム・ザ・ストーンの店主 田村です。

特技は沖縄民謡からデスメタルまで、何でも聴くことが出来ます。趣味は石と土いじりかな。



リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる